デンプン糖(澱粉糖)(読み)でんぷんとう(英語表記)starch sugar

世界大百科事典 第2版の解説

でんぷんとう【デンプン糖(澱粉糖) starch sugar】

デンプンを酸あるいは酵素を用いて加水分解して得られる糖類の総称。このなかにはブドウ糖,麦芽糖,水あめ,粉あめ,異性化糖などが含まれる。デンプン糖は,日本においては重要な甘味料であり,加工食品,清涼飲料などに広く使われている。デンプン糖の原料としては,コーンスターチ,バレイショ(馬鈴薯)デンプン,カンショ(甘藷)デンプンがおもに使われる。加水分解には以前は,シュウ酸,塩酸,硫酸などが用いられていたが,1960年代以降は,反応の制御がより容易な酵素(例えばα‐アミラーゼ,β‐アミラーゼ,グルコアミラーゼグルコースイソメラーゼなど)が多く用いられるようになってきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android