コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デンプン糖(澱粉糖) でんぷんとうstarch sugar

世界大百科事典 第2版の解説

でんぷんとう【デンプン糖(澱粉糖) starch sugar】

デンプンを酸あるいは酵素を用いて加水分解して得られる糖類の総称。このなかにはブドウ糖,麦芽糖,水あめ,粉あめ,異性化糖などが含まれる。デンプン糖は,日本においては重要な甘味料であり,加工食品,清涼飲料などに広く使われている。デンプン糖の原料としては,コーンスターチ,バレイショ(馬鈴薯)デンプン,カンショ(甘藷)デンプンがおもに使われる。加水分解には以前は,シュウ酸,塩酸,硫酸などが用いられていたが,1960年代以降は,反応の制御がより容易な酵素(例えばα‐アミラーゼ,β‐アミラーゼ,グルコアミラーゼグルコースイソメラーゼなど)が多く用いられるようになってきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android