コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デンプン糖(澱粉糖) でんぷんとう starch sugar

1件 の用語解説(デンプン糖(澱粉糖)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

でんぷんとう【デンプン糖(澱粉糖) starch sugar】

デンプンを酸あるいは酵素を用いて加水分解して得られる糖類の総称。このなかにはブドウ糖麦芽糖,水あめ,粉あめ,異性化糖などが含まれる。デンプン糖は,日本においては重要な甘味料であり,加工食品清涼飲料などに広く使われている。デンプン糖の原料としては,コーンスターチバレイショ(馬鈴薯)デンプン,カンショ(甘藷)デンプンがおもに使われる。加水分解には以前は,シュウ酸,塩酸,硫酸などが用いられていたが,1960年代以降は,反応の制御がより容易な酵素(例えばα‐アミラーゼ,β‐アミラーゼ,グルコアミラーゼ,グルコースイソメラーゼなど)が多く用いられるようになってきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デンプン糖(澱粉糖)の関連キーワード加水分解酵素水飴澱粉糖アルカリ加水分解α-限界デキストリナーゼ塩酸加水分解酸加水分解デンプン糖デンプン分解酵素生デンプン分解酵素

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone