コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デンマークの社会福祉

1件 の用語解説(デンマークの社会福祉の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

デンマークの社会福祉

農業国として早くから農業協同組合が設立されるなど、支え合いを大切にする土壌がある国で、国民所得に対する税と社会保険料の負担割合「国民負担率」は7割。経済協力開発機構(OECD)諸国の中で最高水準(日本は4割)だ。消費税率は25%。障害で働けなくても、一般市民と同じような生活水準が保てる障害者年金が支給される。医療や大学までの教育は原則無料。社会福祉の理念「ノーマライゼーション」の発祥の国でもある。

(2013-02-07 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デンマークの社会福祉の関連キーワード全共連全国農業協同組合中央会全国農業協同組合連合会全国販売農業協同組合連合会生産組合農業協同組合法農協・その他の農業団体農業協同組合(JA)共済農業協同組合連合会経済農業協同組合連合会

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone