コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・フィリッポ デ・フィリッポ De Filippo, Eduardo

2件 の用語解説(デ・フィリッポの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デ・フィリッポ
デ・フィリッポ
De Filippo, Eduardo

[生]1900.5.24. ナポリ
[没]1984.10.31. ローマ
イタリアの俳優,劇作家。父 Eduardo Scarpetta,弟 Peppino,姉 Titinaも俳優。父の劇団に子役時代から出演していたが,1932年姉や弟とともにユーモア座 Teatro Umoristico De Filippoを結成,コメディア・デラルテ風の軽喜劇を 45年まで同劇団のために執筆,演出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デ・フィリッポ
でふぃりっぽ
Eduardo De Filippo
(1900―1984)

イタリアの劇作家、俳優。ナポリに生まれ幼時より舞台に立ち、1932年に姉弟とデ・フィリッポ座を結成し、大衆劇に一時代を築く。第二次世界大戦前の代表作に『クピエッロ家のクリスマス』(1931)。戦後、ピランデッロ風のテーマを消化し、夫婦、親子、兄弟、隣人間のモラルを扱って叙事詩にまで高められた傑作喜劇を次々に発表。『ナポリ百万長者』(1945)、『幽霊』『フィルメーナ・マルトゥラーノ』(ともに1946)、『長持ちする嘘(うそ)』『内なる声』(ともに1948)、『大魔術』(1949)、『友情』(1952)、『わが家族』(1955)など、ナポリ方言を駆使する作品が国際的にも高く評価されている。[里居正美]
『里居正美訳『内なる声』(『現代世界演劇15』所収・1971・白水社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デ・フィリッポの関連キーワードナポリスパッカナポリナポリを見てから死ねナポリ大聖堂オールドナポリナポリの窯リボンナポリンリボンナポリンゼロカロリースパゲティ・ナポリタンナポリ風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デ・フィリッポの関連情報