コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・ペリエ デ・ペリエ Des Périers, Bonaventure

2件 の用語解説(デ・ペリエの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デ・ペリエ
デ・ペリエ
Des Périers, Bonaventure

[生]1500頃.ブルゴーニュ,アルネールデュク?
[没]1544頃.リヨン
フランスユマニスト,詩人,物語作家。リヨンなどで聖書や古典の翻訳に従事したのち,1536年マルグリット・ダングレームの秘書となる。 37年に宗教を風刺した4編の対話『キュンバルム・ムンディ』 Cymbalum Mundiを刊行したが,異端の疑いをかけられ,ただちに発禁処分を受けた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デ・ペリエ
でぺりえ
Bonaventure Des Priers
(1510?―1544?)

フランス・ルネサンスの人文学者(ユマニスト)、詩人。ブルゴーニュ地方のアルネー・ル・デュックに生まれる。マルグリット・ド・ナバールの庇護(ひご)を受け、その秘書を勤める。彼の作とされる風刺作品『キュンバルム・ムンディ』Cymbalum mundi(1537)は、パリ大学神学部から禁書処分を受ける。その思想内容については、無神論、神秘主義的福音主義など、解釈が分かれ、なお多くの疑問が残されている。コミックな逸話を集成した『笑話集』Les nouvelles rcrations et joyeux devis(1558)は、生彩ある味わい深い物語集で、彼の死後刊行されている。橋由美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デ・ペリエの関連キーワードブルゴーニュ戦争ブルゴーニュ大公宮殿ブルゴーニュ公国アンリ・ド・ブルゴーニュオテル・ド・ブルゴーニュ座ブルゴーニュ公家ブルゴーニュ風エスカルゴブルゴーニュ館《マリー・ド・ブルゴーニュの時禱書》ブルゴーニュ風

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone