コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・レーケ導流堤

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

デ・レーケ導流堤

明治時代に筑後川河口付近に築かれた石造りの堤防で、長さ約6・5キロに及ぶ。政府に雇われたオランダ人土木技師デ・レーケの指導で造られた。川幅を狭くして流れを速くすることで、川底にたまる土砂を減らし、大型の船が通れるようにするねらいがあった。

(2013-05-20 朝日新聞 朝刊 筑後 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デ・レーケ導流堤の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デ・レーケ導流堤の関連情報