コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デーシュムク Deshmuk

1件 の用語解説(デーシュムクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デーシュムク【Deshmuk】

インドのマラーター地方(今日のマハーラーシュトラ州を中心とする地域)の伝統的世襲役人であり,デーサーイDesāiともよばれる。〈郷主〉と訳されている。数十ヵ村から数百ヵ村の地域を統轄し,その権限・役割としては地域の徴税,軍事,治安維持がある。それらの任務に対して,国家から特定地域の免租地や村からの種々の取り分が世襲的に認められた。イギリス支配のもとでは,彼らは県の徴税役人として耕作の監督・報告,徴税業務にたずさわった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone