データベースサービス機関(読み)でーたべーすさーびすきかん(英語表記)database vendor; database service; database distributor

図書館情報学用語辞典の解説

データベースサービス機関

データベースを,データベース作成機関から購入,借入などにより入手し,それを対象としたオンライン情報検索サービスを提供する機関.利用料金を課すことが多い.オンライン情報検索サービスの先陣を切った米国で,歴史的に,データベースを作成する機関と,その検索サービスを提供する機関とが異なっている場合がほとんどであったため,データベース作成機関,データベースサービス機関,という用語が生まれた.日本では,科学技術振興機構や国立情報学研究所のように,データベース作成機関を兼ねるデータベースサービス機関が多い.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android