コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デーニツ Do¨nitz, Friedrich Karl Wilhelm

1件 の用語解説(デーニツの意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

デーニツ

没年:1912.3.12(1912.3.12)
生年:1838.6.27
明治期に来日したお雇い外国人ドイツ人医学教師。ベルリン生まれ。ベルリン大で解剖学を専攻。明治6(1873)年7月に来日し,東京医学校(東大)で解剖学を担当。胎生学の講義も行う。同年11月,わが国における初の近代的病理解剖を実施。9年同校との契約が切れるが,その前年より警視第五病院内の裁判医学校に関係し,のち警視庁の専任となる。12年佐賀公立病院に移り,18年の帰国まで同地で教育,診療に当たる。クモ類の採集を行い,九州北西部を中心に採集は300種におよぶ。帰国後はコッホのもとで,北里柴三郎の仕事も手伝った。ベルリンで没。<著作>湯村卓爾他訳『断訟医学』<参考文献>小関恒雄「デーニツ,ティーゲルとディッセ」(『医学近代化と来日外国人』)

(長門谷洋治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

デーニツの関連キーワード光の科学史バーブ明治天皇大正バルカン戦争数奇伝金栗四三タイタニック号南極ケズウィック

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone