コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デーバラージャ Devaraja

1件 の用語解説(デーバラージャの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デーバラージャ【Devaraja】

カンボジアのアンコール朝時代前半(9~12世紀)における王権の神秘的な側面を説明したインド起源の神王思想。サンスクリットで〈諸神の王〉の意味で,カンボジアの碑刻文では〈神即王〉と解釈する。地上における神の化身としての王に対するカンボジア的な考え方である。都城の中央にある大寺院の高塔内において,バラモン祭司の介添えにより神と王が合致した特別なリンガ(シバ神の象徴たる男根)または神像を安置し,礼拝していたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デーバラージャの関連キーワードアンコールカンボジア語クメールクメール語民主カンボジア国連カンボジア暫定統治機構SNC柬埔寨クメールルージュモンクメール語族

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone