コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デーリー・メール Daily Mail

世界大百科事典 第2版の解説

デーリー・メール【Daily Mail】

イギリスの大衆紙。ノースクリッフにより1896年創刊された。8ページ建てで,紙代は破格の1/2ペニーであった。1面は広告にあてる伝統の型を守りながら,要約した簡潔なニュース記事を多くもり,おもしろい読物を入れ,保守派はオフィスボーイによって書かれたオフィスボーイのための新聞と酷評したが,世紀末急速に増えつつあった新中間層を基軸とする新読者層の要求にこたえる大衆朝刊紙となった。創刊号は40万部近く売れ,3年後には50万台,4年後には70万台と急上昇した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のデーリー・メールの言及

【イギリス】より

…日本との対比で特色をあげれば,まず第1に新聞が歴史的な階層構造を反映して,《タイムズ》《ガーディアン》などの〈高級紙(クオリティ・ペーパー)〉と,政治経済などの堅い話題,難しい議論にはできるだけ触れず,犯罪,スポーツ,性など娯楽的情報に力点をおく,《サン》《デーリー・ミラー》などの〈大衆紙popular paper∥mass paper〉とに截然と分かれていた点である。だが1970年代からは《デーリー・メール》,《デーリー・エキスプレス》の2紙がその中間を志向する中級紙として再出発し,現在は3層構造となっている。さらに,第2次大戦後は,マス・メディアのあり方(制度,内容,経営)について,議会の〈王立委員会Royal Commission〉を軸にして徹底した調査・検討,改善案の提出がなされ,公表される報告書を土台に,それなりに〈大衆的〉な討論,改良への〈合意〉形成の努力が続けられていることも大きな特色である。…

※「デーリー・メール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デーリー・メールの関連キーワードエンジェル(Ralph Norman Angell Lane)ラルフ・ノーマン エンジェル・L.F.A. マッケンジーデーリー・エクスプレスニューズ・クロニクルリチャード ケイペニー・ペーパーデーリー・メールジャーナリズムガーディアンノースクリフマッケンジーケムズリーロザミアブレリオ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デーリー・メールの関連情報