デーヴィッド・グレアム フィリップス(英語表記)David Graham Phillips

20世紀西洋人名事典の解説

デーヴィッド・グレアム フィリップス
David Graham Phillips


1867 - 1911
米国の小説家。
インディアナ州マディスン生まれ。
大学卒業後最初ジャーナリストとして活動、ルーズベルト大統領が主唱したマックレーキング運動の主要参加者で、1901年「偉大なる神の成功」で文壇にデビュー、政財界の腐敗、婦人問題をテーマとし、その後狂人に殺されるまでの10年間に23冊の小説を書く。’05年「洪水」、’07年「二代目」、死後出版の’17年「スーザン・リノックス」等の作品がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android