コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・ガスペリ Alcide De Gasperi

世界大百科事典 第2版の解説

デ・ガスペリ【Alcide De Gasperi】

1881‐1954
イタリアの政治家。キリスト教民主党(DC)を創設し,1945‐53年首相を務め,戦後のイタリア政治の方向を決定した。オーストリア・ハンガリー二重帝国治下のトレンティノに生まれ,ウィーン大学で学んだのち,カトリック社会運動に参加,1911年にはトレント人民党より帝国議会に選出された。第1次大戦後トレンティノがイタリアに併合されるとストゥルツォの率いるイタリア人民党に入党し,21年下院議員に当選,党議員団長となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デ・ガスペリの関連キーワードトリアッティ(Palmiro Togliatti)キリスト教民主党[イタリア]カルロ スフォルツァA. ファンファーニイタリア・イレデンタアンドレオッティアンドレオッチファンファーニデ・ガスペーリラ・マルファロッセリーニエイナウディスフォルツァムッソリーニアメンドラグロンキ4月3日モーロネンニ