コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・サンクティス Francesco De Sanctis

1件 の用語解説(デ・サンクティスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デ・サンクティス【Francesco De Sanctis】

1817‐83
イタリアの批評家。ブルボン王政下の南イタリアに生まれ,ナポリで伝統的な文法・修辞学を修めて教職に就く。フランス二月革命を受けてイタリア全土に解放と統一を目ざすリソルジメント運動が高揚した1848年,学生とともにナポリ蜂起に参加。50年に反体制のかどで逮捕され,2年半に及ぶ獄中生活ののちトリノに亡命,同地で《神曲》講義を開始。56年,スイスチューリヒ工科大学の教授に就任し,イタリア文学を講じた。60年,ガリバルディによる南イタリア解放が進むなか,勇躍ナポリへ帰って政治活動に没頭し,翌年,統一イタリアの国会議員に選出され,文部大臣に就任するなど,政治改革への情熱を終生燃やしつづける一方で,65年から旺盛な批評活動を再開し,66年に《批評論集》,69年に《ペトラルカ論》,70‐71年には主著《イタリア文学史》2巻を刊行。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のデ・サンクティスの言及

【アリオスト】より

…中世フランスの叙事詩《ローランの歌》に始まる騎士物語叙事詩の到達点,集大成となった畢生の大作《狂えるオルランド》決定版を上梓したあと,33年7月,59年の生涯を終えた。 いまや古典となったデ・サンクティスの《イタリア文学史》は,中世を締めくくる作品としてのダンテの《神曲》に比して,〈アリオストのうちにルネサンスは終わった〉とし,《狂えるオルランド》は〈ルネサンスの精華,イタリアでいまなお唯一,神聖なものとして崇拝されているもの,“芸術”に捧げられた神殿である〉と評している。日本へのアリオストの作品紹介はタッソとともにきわめて遅れており,《狂えるオルランド》の邦訳も坪内章の抄訳のみにとどまっている。…

【イタリア文学】より

…またボッカッチョの〈愛〉は現実的,肉体的な,地上の感覚に基づいている。このことから,後年,近代の文学史家デ・サンクティスは《デカメロン》を〈人曲〉と呼び,現代の研究家ブランカは〈十日百話〉の散文中に埋めこまれた夥しい11音節の韻律を取り出して,これを〈商人の叙事詩〉と名づけ,物語の基盤に〈愛〉〈運〉〈才〉があることを指摘した。 《デカメロン》は枠物語の形式をとり,個々の地の文章の枠のなかに,ペストの難を逃れて語りあう男女10人の〈小話〉が組み込まれている。…

【デカメロン】より

…ダンテの《神曲》に対して《人曲》ともいわれている。 19世紀のイタリアの大文学史家デ・サンクティス以来,この作品は,中世の教会と封建制度を嘲笑する新興ブルジョアジーの勝利の記録としてたたえられた。たしかに,ありとあらゆる悪事を働いた悪党の代表人セル・チャペレットが臨終の際,自分の実際の言動とすべて反対のように告白したことによって聖者に列せられる第1日第1話や,聖職者の堕落ぶりや肉体の欲望をたたえる話などに関するかぎり,デ・サンクティスの評価は正しいが,中世的な騎士精神や信心深さをたたえた話も少なくない。…

【メッツォジョルノ】より

…こうした彼の考えは,19世紀ロマン主義の文学に大きな影響を与えた。 19世紀に入ると,国家統一に向かって政治的にも社会的にもさまざまな胎動が繰り返され,それと呼応するかのように多くの優れた文学者が輩出したが,なかでも旺盛な活動を展開した一人がF.デ・サンクティスであった。形式と内容,生活と文化は密接不可分の関係にあるとする彼の批評原理は,クローチェ,さらにはグラムシを介して,現代にも濃い影を落としている。…

【リソルジメント】より

…また文学研究の領域では文学史の叙述が重要な意味を担った。すなわち,デ・サンクティスは主著《イタリア文学史》(1870‐71)においてイタリア民族とその文化の歴史を文学をとおして統一的にとらえ,リソルジメントの理念を文学的に実践した。 リソルジメントの理想によって支えられてきたイタリアのロマン主義も,獲得された現実に対する幻滅のために感傷的傾向を帯びるようになると力を失い,代わって60年代以降スカピリアトゥーラ派の運動が起こり,やがて現実を直視するベリズモの時代に移る。…

※「デ・サンクティス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デ・サンクティスの関連キーワードノビコフサイードイタリアンオキシカルボン酸カルボナリサングイネーティデサンクティス批評家評家ブルボン朝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デ・サンクティスの関連情報