コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・フォレスト Lee De Forest

世界大百科事典 第2版の解説

デ・フォレスト【Lee De Forest】

1873‐1961
アメリカの発明家。ド・フォレストともいう。三極真空管の発明により有名である。アイオワ州カウンシル・ブラッフスに生まれた。イェール大学に学び,平行線端におけるヘルツ波の反射を研究して博士号をとった。ウェスタン・エレクトリック社で働き,1902年には独立してデ・フォレスト無線電信社を設立したが成功しなかった。06年,J.A.フレミングが発明した二極真空管にデ・フォレストは第三電極のグリッドを加えて,三極真空管を発明。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のデ・フォレストの言及

【電波】より

…この研究はのちの1905年の日本海海戦の信濃丸の通報に大いに役だっている。 他方,1904年には,イギリスのJ.A.フレミングにより二極真空管が,06年にはアメリカのL.デ・フォレストにより三極真空管が発明され,これらの電子デバイスの発明に助けられて,無線通信は急速に発展していった。 電波は通信に利用されただけではない。…

※「デ・フォレスト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

デ・フォレストの関連キーワードリー デ・フォレストアームストロングド・フォレスト8月26日増幅器三極管電子管

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android