コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥガン・バラノフスキー Mikhail Ivanovich Tugan‐Baranovskii

世界大百科事典 第2版の解説

トゥガン・バラノフスキー【Mikhail Ivanovich Tugan‐Baranovskii】

1865‐1919
帝政末期のロシアの経済学者,社会主義者。ツガン・バラノフスキーともよぶ。ウクライナのハリコフ近郊に生まれた。はじめ自然科学,法学を学んだが,のち経済学に転じた。1895年以降,ペテルブルグ大学講師,キエフ大学法学部長などを歴任。処女論文(1890)でベーム・バウェルクの限界効用理論をロシアに紹介し,これと労働価値説との総合を試みた。《英国恐慌史論》(1894)では産業部門間の不均衡に恐慌の原因を求め,〈近代景気循環理論の父〉という評価を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のトゥガン・バラノフスキーの言及

【恐慌】より

…他方,おなじ編の第15章第1節では,マルクスは,資本主義的生産の制限を商品生産物の販売による剰余価値の実現の困難に求め,生産諸部門間の不均衡,あるいは生産力の発展に遅れる大衆の消費制限から,商品が過剰化し,結果的に資本も過剰化するとみる商品過剰論を説いていた。 その後,トゥガン・バラノフスキーR.ヒルファディングは,固定資本の建設をめぐる需要と供給の変動やその建設に動員される貸付資本の過不足の変動をも考慮に入れながら,基本的には不均衡説的商品過剰論を主張する。これに対し,K.カウツキーN.ブハーリンは,マルクスの再生産表式の均衡条件が資本主義では不可避的な労働者大衆の消費制限によって破壊されざるをえないことを主張し,過少消費説的商品過剰論を説く。…

【合法マルクス主義】より

…ストルーベは代表的マルクス主義者とみなされ,98年,ロシア社会民主労働党の創立大会の宣言執筆を依頼されたほどである。しかし,ストルーベ,トゥガン・バラノフスキー,ブルガーコフS.N.Bulgakov(1871‐1944),ベルジャーエフらは,マルクス主義と距離を保ち,批判的立場をとり,しだいにリベラリズムへ傾斜していった。1900年,正統派とストルーベらとの提携のなかで両派の立場の相違が鮮明になり,ストルーベらが1902年機関紙《解放》を出すと両派は分離,断絶し,ストルーベらには〈合法マルクス主義〉の烙印がさかのぼって押されることになった。…

※「トゥガン・バラノフスキー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トゥガン・バラノフスキーの関連キーワードA.A.C. シュピートホワツガン・バラノフスキーベーム・バウェルクシュピートホフ不比例説

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android