コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥストラ・グティエレス Tuxtla Gutiérrez

世界大百科事典 第2版の解説

トゥストラ・グティエレス【Tuxtla Gutiérrez】

メキシコ南東部,チアパス州州都。人口28万9626(1990)。メスカラパ川河畔,標高540mに位置し,熱帯雨林気候地帯に属する。トウモロコシサトウキビ,タバコ,コーヒーを産する農業地帯の中核都市。太平洋岸の外港サリナ・クルスへの鉄道建設,メキシコ市からオアハカを経てグアテマラに通ずる国際高速道路の建設が進み,交通の要衝でもある。チアパスChiapas州は16世紀にドミニコ会により宣教・植民され,ラス・カサス司教に任ぜられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トゥストラ・グティエレスの関連キーワードラス・カサス

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android