トゥストラ・グティエレス(英語表記)Tuxtla Gutiérrez

世界大百科事典 第2版の解説

トゥストラ・グティエレス【Tuxtla Gutiérrez】

メキシコ南東部,チアパス州州都。人口28万9626(1990)。メスカラパ川河畔,標高540mに位置し,熱帯雨林気候地帯に属する。トウモロコシサトウキビ,タバコ,コーヒーを産する農業地帯の中核都市。太平洋岸の外港サリナ・クルスへの鉄道建設,メキシコ市からオアハカを経てグアテマラに通ずる国際高速道路の建設が進み,交通の要衝でもある。チアパスChiapas州は16世紀にドミニコ会により宣教・植民され,ラス・カサス司教に任ぜられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android