トゥス・シノッチャ(読み)とぅすしのっちゃ

世界大百科事典内のトゥス・シノッチャの言及

【アイヌ】より

…【河野 本道】
【文学】
 広義には歌謡も含まれるが,一般にアイヌの文学といわれているものは,口承文芸の中の叙事文学に属し,〈うたわれるもの〉と〈語られるもの〉に大別できる。これらはアイヌの社会にシャマニズムが生きていた頃の託宣の言葉がトゥス・シノッチャtusu‐sinotcha(巫謡)となり,ユーカラyukar(詞曲)へと発達し,さらに語られる文学へと発展したものである。神の託宣を母体とするので,〈私は……私は……〉と,第一人称説述体で語られるものが多い。…

※「トゥス・シノッチャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android