コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥトゥイラ島 トゥトゥイラとうTutuila Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥトゥイラ島
トゥトゥイラとう
Tutuila Island

南太平洋,アメリカ合衆国領サモア最大の島。熱帯自給作物を栽培するがトンガやサモアから食糧を輸入する。輸出品はマグロの缶詰,コプラ工芸品など。首都パゴパゴ所在地国際空港がある。面積 136km2。人口4万 5043 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android