トゥトメス(3世)(読み)とぅとめす(英語表記)Thutmose Ⅲ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゥトメス(3世)
とぅとめす
Thutmose

生没年不詳。古代エジプト第18王朝の6代目の王(在位前1512ころ~前1458ころ)。トゥトメス1世は2人の王子、2人の王女をもうけたが、王子はいずれも幼くして死亡したため、王位継承は第1王女ハトシェプストに夫を迎えることによって保つこととなった。夫となったのは、トゥトメス1世が側室に産ませた男子で、これがトゥトメス2世である。2世は王妃との間に2人の王女をもうけたが、王子はなかった。しかし側室には男子が生まれた。
 トゥトメス2世が治世9年目に死去したのに伴い、側室の男子が第1王女ネフルラと結婚することによって王位についた。これがトゥトメス3世である。しかし、新しい王夫妻はまだ幼かったため、ハトシェプストが摂政(せっしょう)となって国務を指揮することになった。ハトシェプストは王としてふるまい、その治世は22年間にわたった。ハトシェプストの時代が終わってトゥトメス3世の時代となると、王はまずハトシェプストの痕跡(こんせき)を消すことに狂奔した。22年にわたって自分を日陰者としたハトシェプストへの恨みのゆえである。同時に王は自分の威勢を示す神殿と彫像を数多くつくった。外征は王の情熱であった。東と南への大出兵は17回に及んだ。「古代エジプトのナポレオン」という今日の別称もここから生まれている。南はナイルの第四急流までを完全なエジプト支配下に置き、東はメソポタミアの強国ミタンニ王国の膨張を阻み、同国をユーフラテス川の東に封じ込めた。[酒井傳六]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android