トゥルグ・ムレシュ(英語表記)Tîrgu Mureş

世界大百科事典 第2版の解説

トゥルグ・ムレシュ【Tîrgu Mureş】

ルーマニアの,カルパチ山脈に囲まれたトランシルバニア盆地東部,ムレシュ川上流に位置するムレシュ県の県都。人口16万6000人(1994)。周辺からは,紀元前の石器青銅器鉄器が出土し,またダキア人やローマ人の使用した土器類が発見されるが,記録文書に現れるのは1332年以降である。当時この地域には,ルーマニア人とハンガリー人(セーケイ人)とが共存し,交易都市として栄えていた。その後,セーケイ人の多数居住する都市として発展した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android