コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥルネブス Turnebus

世界大百科事典 第2版の解説

トゥルネブス【Turnebus】

1512‐65
フランスの古典学者。本名が不明のためフランスでもラテン名のフランス語形Adrien Turnèbeを用いる。パリで勉学した後,1547年トゥサンJ.Toussainの後任として王立教授団の一員となり,51年からは王立出版所の監督も兼ねた。主として古代ギリシア詩を研究し,52年に出版したアイスキュロスの悲劇作品の校訂本は,イタリアのロボルテロF.Robortelloやベットーリ(ウィクトリウス)の仕事と競合するものだった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トゥルネブスの関連キーワードドラ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android