トゥーラ(読み)とぅーら(英語表記)Cosme (Cosimo) Tura

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トゥーラ(Cosme (Cosimo) Tura)
とぅーら
Cosme (Cosimo) Tura
(1430ころ―1495)

イタリア初期ルネサンスの画家。フェッラーラに生まれ、修業時代については不明。1451年から同地のエステ家のために仕事を始めている。53~56年の間はフェッラーラでの消息がとだえることから、このころパドバやベネチアに滞在し、マンテーニャやドナテッロを学んだと考えられる。また50年以前にピエロ・デッラ・フランチェスカがフェッラーラで描いたといわれるフレスコ画(現存せず)から影響を受けた可能性もある。56年にはボルソ・デステのもとで宮廷画家となり、ボルソの死後もその弟エルコーレによって引き続き起用され、80年まで宮廷で活躍。主要作品には『聖ゲオルギオスと竜』および『受胎告知』(フェッラーラ大聖堂)、パラッツォ・スキファノイアのフレスコ壁画(コッサとの共作)、『ロベレッラ多翼祭壇画』(ロンドン、ナショナル・ギャラリー)などがある。針金のような鋭い描線による造形に、厳しい精神性が加わることにより、幻想的ともいうべき作風が生成している。[小針由紀隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android