トウカムリガイ(唐冠貝)(読み)トウカムリガイ(英語表記)horned helmet shell

世界大百科事典 第2版の解説

トウカムリガイ【トウカムリガイ(唐冠貝) horned helmet shell】

トウカムリガイ科の大型巻貝(イラスト)。紀伊半島以南,熱帯太平洋,インド洋に広く分布し,潮間帯下の岩礁にすむ。ヒトデウニを食べている。は厚く堅固で倒卵形,高さ35cm,径19cmに達する。黄白色で不規則な褐色斑があるが,成すると全面灰白色になる。巻きは9階でそれぞれは低い円錐形であるが最後の巻きは非常に大きい。肩には瘤状の突起列がある。表面全体には縦横に細い肋があり,細かい網目状になっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android