コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウキ(当帰) トウキ Angelica acutiloba (Sieb.et Zucc.) Kitagawa

1件 の用語解説(トウキ(当帰)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トウキ【トウキ(当帰) Angelica acutiloba (Sieb.et Zucc.) Kitagawa】

山の岩地に生え,薬用植物として栽培もされるセリ科の多年草イラスト)。精油を含み,特有の芳香がある。茎は分枝して高さ40~90cm,毛がなく,基部は多くが紫褐色を帯びる。葉は1~3回3出羽状複葉で,終羽片は細長い披針形で先が鋭くとがり,表面は光沢がある。茎や葉を切ると強い香りがする。夏に枝先に複散形花序を作って,小さい5弁の白い花を多数つける。果実は楕円形,広い翼のある2個の分果に分かれる。変異が多く,本州中部以北や北海道の山に自生するものはミヤマトウキ,一名イワテトウキ呼ばれる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トウキ(当帰)の関連キーワード薬用植物ディフェンバキア磯菊独活節分草仙人掌薬草ヘデラ深山曙草菌床栽培

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone