コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウゲシバ(峠柴) トウゲシバLycopodium serratum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トウゲシバ(峠柴)
トウゲシバ
Lycopodium serratum

ヒカゲノカズラ科の常緑性シダ植物。アジアの東部から南部にかけて広く分布し,山地の林下の土の上に生える。茎は高さ 20cm前後に達する。倒披針形の小型の葉が茎に密に互生する。胞子嚢は葉腋に1つずつ生じる。本種は,葉の形,大きさおよびつき方によって,ホソバトウゲシバ,ヒロハノトウゲシバおよびオニトウゲシバに分けられる。しかしこれらは典型的なものを除いてはそれぞれの中間型がみられ,区別は困難であることが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トウゲシバ(峠柴)の関連キーワードヒカゲノカズラ科

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android