トウゲブキ(読み)とうげぶき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トウゲブキ
とうげぶき / 峠蕗
[学]Ligularia hodgsonii Hook. f.

キク科の多年草。一名エゾタカラコウ。茎は直立し高さ30~80センチメートル、やや花茎状である。根出葉には長柄がある。7~8月、茎頂に5~9個の頭花を散房状につける。東北地方の山地や北海道の低地に生え、南千島、樺太(からふと)(サハリン)に分布する。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトウゲブキの言及

【メタカラコウ】より

…【小山 博滋】 オタカラコウは朝鮮で野菜として食用にされる。またハンカイソウやトウゲブキ(別名エゾタカラコウ)L.hodgsonii Hook.f.は,欧米で観賞用に栽培されている。【堀田 満】。…

※「トウゲブキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる