コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウゴクサバノオ(東国鯖の尾) トウゴクサバノオIsopyrum trachyspermum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トウゴクサバノオ(東国鯖の尾)
トウゴクサバノオ
Isopyrum trachyspermum

キンポウゲ科の小型で柔軟な多年草。宮城県以南の本州,四国,九州に分布し,山地の陰湿地に生える。根はひげ状で,は直立し全体が無毛。根出葉には長い柄をもち,3出または鳥足状に5枚の小葉があり,あらい鋸歯がある。葉柄の基部は急に幅が広がり厚くなっている。茎上につく葉は対生しそれぞれ3小葉をもつ。春に,茎の頂部に,短い花柄をもつ淡黄緑色の小花を横向きにつける。果実は数個の袋果が水平に開く。種子は小球形で表面に小突起をもつ。近縁種サバノオ I. dicarponがあるが,これは茎や葉にまばらに軟毛をもち,葉が紫褐色を帯び,種子の表面が平滑な点で区別される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トウゴクサバノオ(東国鯖の尾)の関連キーワードシロカネソウ(白銀草)キンポウゲ科

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android