コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウゴクサバノオ(東国鯖の尾)(読み)トウゴクサバノオ(英語表記)Isopyrum trachyspermum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トウゴクサバノオ(東国鯖の尾)
トウゴクサバノオ
Isopyrum trachyspermum

キンポウゲ科の小型で柔軟な多年草。宮城県以南の本州,四国,九州に分布し,山地の陰湿地に生える。根はひげ状で,は直立し全体が無毛。根出葉には長い柄をもち,3出または鳥足状に5枚の小葉があり,あらい鋸歯がある。葉柄の基部は急に幅が広がり厚くなっている。茎上につく葉は対生しそれぞれ3小葉をもつ。春に,茎の頂部に,短い花柄をもつ淡黄緑色の小花を横向きにつける。果実は数個の袋果が水平に開く。種子は小球形で表面に小突起をもつ。近縁種サバノオ I. dicarponがあるが,これは茎や葉にまばらに軟毛をもち,葉が紫褐色を帯び,種子の表面が平滑な点で区別される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android