トウネン(当年)(読み)トウネン(英語表記)rufous‐necked stint

世界大百科事典 第2版の解説

トウネン【トウネン(当年) rufous‐necked stint】

チドリ目シギ科の鳥。全長約15cm。日本では数の多い小型のシギの一つ。シベリア北東部およびアラスカ西部のツンドラ帯で繁殖し,冬は南アジア,オーストラリア,ニュージーランドに渡る。日本には旅鳥として春と秋に渡来する。日本に渡来するシギ類の中ではオジロトウネンとともに最小種に属し,当年子(とうねんご),つまりその年生れの鳥という意味からこの名がついた。夏羽ではくちばしの根もとは白く,頭上,顔,くび,胸は赤褐色で,頭上,くび,胸には暗色の縦斑がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android