コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウネン(当年) トウネン rufous‐necked stint

1件 の用語解説(トウネン(当年)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トウネン【トウネン(当年) rufous‐necked stint】

チドリ目シギ科の鳥。全長約15cm。日本では数の多い小型のシギの一つ。シベリア北東部およびアラスカ西部のツンドラ帯で繁殖し,冬は南アジアオーストラリアニュージーランドに渡る。日本には旅鳥として春と秋に渡来する。日本に渡来するシギ類の中ではオジロトウネンとともに最小種に属し,当年子(とうねんご),つまりその年生れの鳥という意味からこの名がついた。夏羽ではくちばしの根もとは白く,頭上,顔,くび,胸は赤褐色で,頭上,くび,胸には暗色の縦斑がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トウネン(当年)の関連キーワード千鳥青鷸草鷸白千鳥背高鷸襟巻鷸白鰺刺玉鷸鰭足鷸