トウペ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トウペ

塗料メーカー。古河グループ。 1915年に東亜ペイント製造として設立し,49年に東亜ペイントに変更,93年現社名となる。新型フッ素樹脂塗料,世界初のセラミック系塗料,電磁波シールド塗料などを主製品とする。アクリルゴムなど自動車用化成品も扱う。シンガポールに現地法人をもつ。売上構成比は,合成樹脂塗料 75%,油性塗料1%,ラッカー9%,化成品9%,その他6%。年間売上高 201億 2300万円 (連結。うち輸出1%) ,資本金 20億 8700万円,従業員数 480名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

トウペ

正式社名「株式会社トウペ」。英文社名「TOHPE CORPORATION」。化学工業。大正8年(1919)「大阪製煉株式会社」設立。昭和14年(1939)「東亜化学製煉株式会社」に改称。同19年(1944)「東亜化学株式会社」に改称。同24年(1949)「東亜ペイント株式会社」に改称。平成5年(1993)現在の社名に変更。本社は堺市西区築港新町。古河機械金属子会社の塗料会社。主力は産業向け塗料。自動車用アクリルゴムなど化成品も製造。東京証券取引所第1部上場。平成25年(2013)日本ゼオンのTOBによる完全子会社化にともない上場廃止予定。証券コード4614。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android