トウヨウヒナコウモリ(読み)とうようひなこうもり(英語表記)Oriental particolored bat

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トウヨウヒナコウモリ
とうようひなこうもり / 東洋雛蝙蝠
Oriental particolored bat
[学]Vespertilio orientalis

哺乳(ほにゅう)綱翼手目ヒナコウモリ科の動物。ウスリー地方、中国、日本では北海道、本州に分布する。虫食性で、洞窟(どうくつ)、人家、森林などにすむ。前腕長50ミリメートル、頭胴長70ミリメートル前後。耳介は幅と長さがほぼ同じで、その先端は丸く、耳珠はキノコ形。体の背面は茶褐色または淡褐色で、霜降り状を呈し、腹面はやや淡い。6月から7月にかけて、人家や洞窟などに大群をつくり、1産1~2子を産む。[吉行瑞子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android