コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トカゲハダカ Astronesthes ijimai

1件 の用語解説(トカゲハダカの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トカゲハダカ【Astronesthes ijimai】

サケ目トカゲハダカ科の深海魚。鋭いきば状の歯と大きく開く口をもち,下あごにある1本のひげの先端の発光器で餌を誘引かつ攻撃して丸のみにする。本州中・南部の外洋に分布し,夜間,海面付近に浮上することがある。体色は黒褐色ビロードのような色調をもつ。ひれには色素がない。腹びれは体の中心下方にあり,背びれはそれよりやや後位。しりびれは背びれと尾びれの中間下方に位置する。背びれの後方にあぶらびれがあるほか,しりびれ前方にもあぶらびれがあるのが,他の魚には見られない大きな特徴である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トカゲハダカの関連キーワード深海魚裂け目素裸裸鰯裸金目口はだかる壺鯛加藤景春裸馬(ハダカウマ) (bare back)ハダカエンバク (naked oats)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone