コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トガリバガ(尖翅蛾) トガリバガ

世界大百科事典 第2版の解説

トガリバガ【トガリバガ(尖翅蛾)】

鱗翅目トガリバガ科Thyatiridaeの昆虫の総称。カギバガ科やシャクガ科に近縁で,翅の形はヤガ科のガに似て細長い。オーストラリア地区や海洋島を除く世界中に分布するが,東南アジアで種数がもっとも多く,日本には38種が分布している。翅の開張3~4cmの中型種が多いが,なかには4cmを超える種もある。前翅には斑紋をもつが,後翅無紋に近く,単純な色彩をしている。胸や腹部背面に鱗毛が束になって密生し,前翅を屋根型にたたんで毛の束が隆起している姿は,きわめて特異である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android