コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トガリバガ(尖翅蛾) トガリバガ

1件 の用語解説(トガリバガ(尖翅蛾)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トガリバガ【トガリバガ(尖翅蛾)】

鱗翅目トガリバガ科Thyatiridaeの昆虫の総称。カギバガ科やシャクガ科に近縁で,翅の形はヤガ科のガに似て細長い。オーストラリア地区や海洋島を除く世界中に分布するが,東南アジアで種数がもっとも多く,日本には38種が分布している。翅の開張3~4cmの中型種が多いが,なかには4cmを超える種もある。前翅には斑紋をもつが,後翅は無紋に近く,単純な色彩をしている。胸や腹部背面に鱗毛が束になって密生し,前翅を屋根型にたたんで毛の束が隆起している姿は,きわめて特異である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トガリバガ(尖翅蛾)の関連キーワード鱗翅類上がり場上がり花上がり端ガリバーがり版下がり端下がり花透翅蛾尖鼠

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone