コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トキンソウ(吐金草) トキンソウ Centipeda minima (L.) A.Br.et Aschers.

1件 の用語解説(トキンソウ(吐金草)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トキンソウ【トキンソウ(吐金草) Centipeda minima (L.) A.Br.et Aschers.】

アジアの東部からオーストラリアにかけて分布するキク科の一年草(イラスト)。庭の日陰や道ばたなどに生える。茎はよく分枝して地をはい,ところどころから根を出す。主茎は大きいものでも20cmくらいである。葉はくさび形で長さ1~2cm,互生する。花は7~10月,葉腋(ようえき)につく直径3~4mmの小さな頭花。頭花は無柄または短柄で,扁球形,縁には筒状の雌花が多列に並び,中央には筒状の両性花がある。雌花の花冠は長さ0.2mm,両性花の花冠は長さ0.5mmで,先が4裂する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トキンソウ(吐金草)の関連キーワードオーストラリア区オーストラリア諸語団扇海老花鳥黒鷺オーストラリア亜区オーストラリアンバロット拘耆羅オーストラリアン・キャトル・ドッグ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone