コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トキ保護の歴史

1件 の用語解説(トキ保護の歴史の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

トキ保護の歴史

トキは乱獲と環境悪化で個体数が減り、佐渡島などでしか見られなくなった。1952年に国の特別天然記念物、60年に国際保護鳥となり、本格的な保護対策が始まった。80年代に入り、絶滅を回避するために人工繁殖させることとなった。2003年、日本最後のトキ「キン」が死んで国産種は絶えたものの、人工繁殖は順調に進み、06年に100羽目が誕生。野生復帰のため、08年秋に10羽が佐渡島で放鳥され、昨年秋にも放鳥が行われた。

(2010-05-15 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トキ保護の歴史の関連キーワードアマミノクロウサギ個体群生態学ダルマガエルイトウ穀減り掛減り搗き減り吹き減り密度調節始祖効果

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone