コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トクトア(脱脱) トクトアToktogha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トクトア(脱脱)
トクトア
Toktogha

[生]延祐1(1314)
[没]至正15(1355)
中国,元末の宰相。メルキト族の出身。字は大用。マジャルタイ (馬札児台) の子。至元4 (1338) 年御史大夫となり,綱紀を粛正。翌々年順帝とはかり,暴政はなはだしい伯父の中書右丞相バヤン (伯顔) を放逐。次に中書右丞相となった父が病むと,至正1 (41) 年中書右丞相となり,順帝と協力してバヤンの弊政を改革し,漢文化を重んじ,科挙を復活するなど元末の賢相と称された。宋,の3正史の編集者でもあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トクトア(脱脱)の関連キーワードタシ・テムル(塔失帖木児)マジャルタイ(馬札児台)バヤン(伯顔)[元末]アルトゥ(阿魯図)ハマ(哈麻)宋史弊政大用綱紀至正

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android