トクトア(脱脱)(読み)トクトア(英語表記)Toktogha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トクトア(脱脱)
トクトア
Toktogha

[生]延祐1(1314)
[没]至正15(1355)
中国,元末の宰相。メルキト族の出身。字は大用。マジャルタイ (馬札児台) の子。至元4 (1338) 年御史大夫となり,綱紀を粛正。翌々年順帝とはかり,暴政はなはだしい伯父の中書右丞相バヤン (伯顔) を放逐。次に中書右丞相となった父が病むと,至正1 (41) 年中書右丞相となり,順帝と協力してバヤンの弊政を改革し,漢文化を重んじ,科挙を復活するなど元末の賢相と称された。宋,の3正史の編集者でもあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android