コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トケイソウ(時計草) トケイソウPassiflora caerulea; passionflower

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トケイソウ(時計草)
トケイソウ
Passiflora caerulea; passionflower

トケイソウ科の常緑多年生のつる植物。ブラジル原産で,日本には享保年間 (1716~36) に伝えられたという。茎はつる状で約 4mに達し,分枝しない巻きひげで他物にからみつきながら伸びる。葉は互生し,掌状に5深裂して全縁,葉柄基部には大きな托葉が目立つ。夏に,葉腋に柄のある大型の花をつける。花被片は 10枚で平らに開き,外側の5枚が萼片,内側の5枚が花弁である。花弁の色は淡紅または淡青色で花被の内側に多数の糸状副花冠があり科の特徴とされる。花の形を時計の文字盤に見立てて時計草といい,観賞用に温室で栽培する。やはりブラジル原産の同属近縁種クダモノトケイソウ P. edulisがあり,果実を生食やジュース用 (パッションジュース) にするため熱帯各地で栽培される。日本でも南西諸島でつくっている。この種は葉が3裂し,副花冠が花被と同じくらい長く,紅紫色の斑点のある長さ 10cmほどの果実をつける。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トケイソウ【トケイソウ(時計草) Passiflora caerulea L.】

花が時計の文字盤と針に似て美しいので,観賞用とされるトケイソウ科の常緑つる性植物(イラスト)。茎の基部は木質化する。枝が変形した巻きひげを有し,他物にからみつく。葉は掌状で5深裂し,葉柄の基部に托葉がある。花の基部に3枚の苞があり,萼片5枚,花弁5枚からなり,淡紅色または白色で,両者の形が似ているので,一見して10花弁のように見える。内部に糸状で多数の副冠があり,基部と先端は紫色で中央は白色である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トケイソウ(時計草)の関連情報