コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トケイソウ(時計草) トケイソウPassiflora caerulea; passionflower

2件 の用語解説(トケイソウ(時計草)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トケイソウ(時計草)
トケイソウ
Passiflora caerulea; passionflower

トケイソウ科の常緑多年生つる植物ブラジル原産で,日本には享保年間 (1716~36) に伝えられたという。茎はつる状で約 4mに達し,分枝しない巻きひげで他物にからみつきながら伸びる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トケイソウ【トケイソウ(時計草) Passiflora caerulea L.】

花が時計の文字盤と針に似て美しいので,観賞用とされるトケイソウ科の常緑つる性植物(イラスト)。茎の基部は木質化する。枝が変形した巻きひげを有し,他物にからみつく。葉は掌状で5深裂し,葉柄の基部に托葉がある。花の基部に3枚の苞があり,萼片5枚,花弁5枚からなり,淡紅色または白色で,両者の形が似ているので,一見して10花弁のように見える。内部に糸状で多数の副冠があり,基部と先端は紫色で中央は白色である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone