コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゲイヌツゲ Scolopia oldhamii Hance

1件 の用語解説(トゲイヌツゲの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トゲイヌツゲ【Scolopia oldhamii Hance】

琉球諸島の近海地にまれに見られるイイギリ科の常緑小高木で,高さ10m,直径20cmに達する。若枝に太いとげがある。革質の葉は互生し,短い葉柄を有し,卵形または披針形,3主脈があり,長さ3~10cm,両端はとがり,ふちには鈍鋸歯があるが老木では全くなくなり,表面に光沢があり,中肋と細脈は両面に突出する。花は両性,腋生(えきせい)の総状花序につき,径6mmくらい。萼片と花弁は5~6枚で淡黄色。おしべは多数。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone