コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゲイヌツゲ Scolopia oldhamii Hance

1件 の用語解説(トゲイヌツゲの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トゲイヌツゲ【Scolopia oldhamii Hance】

琉球諸島の近海地にまれに見られるイイギリ科の常緑小高木で,高さ10m,直径20cmに達する。若枝に太いとげがある。革質の葉は互生し,短い葉柄を有し,卵形または披針形,3主脈があり,長さ3~10cm,両端はとがり,ふちには鈍鋸歯があるが老木では全くなくなり,表面に光沢があり,中肋と細脈は両面に突出する。花は両性,腋生(えきせい)の総状花序につき,径6mmくらい。萼片と花弁は5~6枚で淡黄色。おしべは多数。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トゲイヌツゲの関連キーワード沖縄諸島近海魚先島諸島南西諸島琉球諸島いいぎり烏鳩稀に見る伊豆大島近海地震琉球松

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone