コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トコブシ(常節) トコブシSulculus diversicolor aquatilis

世界大百科事典 第2版の解説

トコブシ【トコブシ(常節) Sulculus diversicolor aquatilis】

ミミガイ科の巻貝(イラスト)。もとは床伏しの意で,海底の岩に付着する状態からついた名と思われる。またアナゴナガレコナガラミなどの地方名がある。殻の長さ7cm,幅5cm,高さ1.5~2cm。卵楕円形で低くて平ら。アワビの幼貝に似るが,背側縁に沿ってある穴の列の穴はアワビ類の4~5個に対し6~8個あり,また穴は小さくて盛り上がらない点で区別できる。巻きは小さく低く殻の後方に寄り,最後の巻きがほかに比べはなはだ大きく大部分を占める。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android