コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トトメス[3世] トトメス

百科事典マイペディアの解説

トトメス[3世]【トトメス】

エジプト第18王朝第6代の王(在位前1490年ころ―前1436年ころ)。義母ハトシェプスト女王の死後実権を握り,アジアを含む史上最大の帝国を建設した。カルナックに大神殿(カルナック神殿)を建設,その壁画に一代の治績を刻んだ。
→関連項目エジプト(地域)メギド

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トトメス[3世]【Thotmes III】

古代エジプト第18王朝6代目の王。在位,前1490ころ‐前1436年ころ。古代エジプト史上最大の版図をもつ大帝国を築いた。トトメス2世の庶子で,父王の急逝により幼年で即位した。治世の前半22年は共治王となった義母ハトシェプスト女王が国政の実権を握り,平和交易外交を推進したが,女王の死後ただちに対外遠征を再開した。17回以上に及ぶアジア親征によりミタンニ勢力をシリアパレスティナより駆逐し,北境をユーフラテス河畔,南境もナイル川第4急湍(きゆうたん)にまで広げた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のトトメス[3世]の言及

【エジプト】より

…王はヒクソスの最後の根拠地をたたくため南パレスティナに遠征,下ヌビアも回復する。トトメス1世Thotmes Iは当時シリア・パレスティナに進出を図っていたミタンニに対抗して一時的にユーフラテス河畔まで占領する。しかしハトシェプスト女王は平和交易政策に転じ,プントとの香料貿易を再開,国内ではディール・アルバフリーの葬祭殿をはじめ,旺盛な建築活動を行い,芸術の復興を鼓吹する。…

※「トトメス[3世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone