トノサマガエル(殿様蛙)(読み)トノサマガエル(英語表記)Rana nigromaculata

世界大百科事典 第2版の解説

トノサマガエル【トノサマガエル(殿様蛙) Rana nigromaculata】

アカガエル科に含まれる日本の代表的なカエルで,カエルという語源も本種の鳴き声に由来すると考えられている(イラスト)。本州,四国,九州,大隅諸島朝鮮半島,中国北部に分布し,体長は雄6.5~7.5cm,雌7~8.5cm。日本産カエルとしては例外的に雌雄体色が異なり,雄の基色は黄緑色,雌は灰白色でそれぞれ不規則な黒い斑紋がある。平地水田,小川,池沼の周辺にすみ,一跳びで水中に逃げこめる草むらにいることが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android