トノサマガエル(殿様蛙)(読み)トノサマガエル(英語表記)Rana nigromaculata

世界大百科事典 第2版の解説

トノサマガエル【トノサマガエル(殿様蛙) Rana nigromaculata】

アカガエル科に含まれる日本の代表的なカエルで,カエルという語源も本種の鳴き声に由来すると考えられている(イラスト)。本州,四国,九州,大隅諸島朝鮮半島,中国北部に分布し,体長は雄6.5~7.5cm,雌7~8.5cm。日本産カエルとしては例外的に雌雄体色が異なり,雄の基色は黄緑色,雌は灰白色でそれぞれ不規則な黒い斑紋がある。平地水田,小川,池沼の周辺にすみ,一跳びで水中に逃げこめる草むらにいることが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android