トバ・バタク族(読み)とばばたくぞく

世界大百科事典内のトバ・バタク族の言及

【バタク族】より

…今日ではこれらバタク族は北スマトラの中心都市メダンや東スマトラのみならず,ジャワ島など,とくにジャカルタに多く移住している。トバ・バタク族の伝承によれば,すべてのバタク族はシ・ラジャ・バタクを共通の祖先としており,彼は神によってトバ湖西岸中央にある丘に天から降ろされたという。アウストロネシア語族に属するバタク語はカロ,パクパク,シマルングン,トバの4方言に分かれる。…

※「トバ・バタク族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android