コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トビカズラ(飛蔓) トビカズラ Mucuna sempervirens Hemsl.

1件 の用語解説(トビカズラ(飛蔓)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トビカズラ【トビカズラ(飛蔓) Mucuna sempervirens Hemsl.】

国の特別天然記念物で,日本では熊本県菊鹿町相良にただ1本だけ生育しているマメ科のつる性木本(イラスト)。アイラトビカズラともいう。大型の常緑木本。葉は互生し,3小葉をつける。小葉は革質,卵状楕円形で長さ7~15cm,幅4~8cm。初夏に咲く花は穂状に集まってつき,暗紫色で長さ7~8.5cm。果実は細長く,長さ40~60cm,幅約4cmの豆果,果皮は木質で,一面に赤褐色の毛が生えている。7~10個の種子を入れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トビカズラ(飛蔓)の関連キーワード青島アポイ岳大根島都井岬大白鳥冠鷲史跡名勝天然記念物特別天然記念物万羽鶴ニホンライチョウ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone