コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トビカズラ(飛蔓) トビカズラMucuna sempervirens Hemsl.

1件 の用語解説(トビカズラ(飛蔓)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トビカズラ【トビカズラ(飛蔓) Mucuna sempervirens Hemsl.】

国の特別天然記念物で,日本では熊本県菊鹿町相良にただ1本だけ生育しているマメ科のつる性木本(イラスト)。アイラトビカズラともいう。大型の常緑木本。葉は互生し,3小葉をつける。小葉は革質,卵状楕円形で長さ7~15cm,幅4~8cm。初夏に咲く花は穂状に集まってつき,暗紫色で長さ7~8.5cm。果実は細長く,長さ40~60cm,幅約4cmの豆果,果皮は木質で,一面に赤褐色の毛が生えている。7~10個の種子を入れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone