トビカズラ(飛蔓)(読み)トビカズラ(英語表記)Mucuna sempervirens Hemsl.

世界大百科事典 第2版の解説

トビカズラ【トビカズラ(飛蔓) Mucuna sempervirens Hemsl.】

国の特別天然記念物で,日本では熊本県菊鹿町相良にただ1本だけ生育しているマメ科のつる性木本(イラスト)。アイラトビカズラともいう。大型の常緑木本。は互生し,3小葉をつける。小葉は革質,卵状楕円形で長さ7~15cm,幅4~8cm。初夏に咲く花は穂状に集まってつき,暗紫色で長さ7~8.5cm。果実は細長く,長さ40~60cm,幅約4cmの豆果果皮木質で,一面赤褐色の毛が生えている。7~10個の種子を入れる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android