コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トマト銀行 トマトぎんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トマト銀行
トマトぎんこう

岡山を地盤とする地方銀行。 1931年倉敷無尽として設立。 41年三和無尽に社名を変更するとともに,本店を岡山市移転。 51年三和相互銀行と改称。 69年相互銀行に転換し,山陽相互銀行となる。 78年外国為替取扱業務,83年証券業務を開始。 89年普通銀行への転換に際し,奇抜な現行名に変更し注目を集めた。資金量 6422億 5400万円,資金構成は定期 74%,普通 19%,当座3%,通知1%,その他3%。経常収益 236億 2400万円 (連結) ,資本金 68億 1000万円,従業員数 996名,店舗数 61 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

トマト銀行

正式社名「株式会社トマト銀行」。英文社名「TOMATO BANK, LTD.」。銀行業。昭和6年(1931)前身の「倉敷無尽株式会社」設立。同16年(1941)「三和無尽株式会社」に改称。同26年(1951)「株式会社三和相互銀行」に改称。同44年(1969)「株式会社山陽相互銀行」に改称。平成元年(1989)普通銀行に転換し現在の社名に変更。本店は岡山市北区番町。第二地方銀行。岡山・倉敷市地盤。地域密着営業が特徴。東京証券取引所第1部上場。証券コード8542。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

トマト銀行の関連キーワード第二地銀吉田憲治

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トマト銀行の関連情報