コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トムラウシ山遭難事故

1件 の用語解説(トムラウシ山遭難事故の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

トムラウシ山遭難事故

大雪山系トムラウシ山(2141メートル)で2009年7月16日、東京の旅行会社「アミューズトラベル」(12年に旅行業取り消し)が主催した登山ツアーの客15人とガイド3人が遭難。客7人とガイド1人が凍死した。客は道外から参加した55~69歳の男女。2泊3日で約40キロの行程の最終日、暴風雨の中で下山を試み低体温症に陥った。

(2014-07-15 朝日新聞 朝刊 1道)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トムラウシ山遭難事故の関連キーワード天人峡温泉トムラウシ山アトムセンチメートルメートル尺メートル螺子デカメートルニペソツ山北海道上川郡新得町屈足トムラウシ北海道上川郡新得町トムラウシトムラウシ[温泉]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トムラウシ山遭難事故の関連情報