コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トメ・アス Tomé Açu

世界大百科事典 第2版の解説

トメ・アス【Tomé Açu】

ブラジル北部,パラ州北東部の市。人口1万9000(1970)。アマゾン河口付近の支流アカラ川に沿う。雨季12月~5月,乾季6月~11月で,年降水量2500mm。標高10~20mのテラ・フィルメ上に位置し,北方110kmのベレンから船便(270km),定期バス便(180km)のほか,エア・タクシーの便がある。ブラジル北部の主要な日本人集団移住地,トメ・アス移住地がある。1929年南米拓植株式会社の入植地として発足,第2次大戦前に352家族が入植したが,マラリアの発生で4分の1のみが定着。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

トメ・アスの関連キーワードトメ・アス移住地アマゾン川

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android