コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トヨタ ハリアーHV

1件 の用語解説(トヨタ ハリアーHVの意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

トヨタ ハリアーHV

ハリアーのハイブリッドシステムは、トヨタ初のハイブリッドSUV車(米国・欧州はクルーガーハイブリッドとして発売)。このハイブリッドシステムは、2代目プリウスに搭載したハイブリッドシステムTHSⅡをSUV用に強化。このSUV用THSⅡと出力を大幅に高めたE-Fourにより、これまでのガソリンエンジン車とは一線を画す、コンパクト車並みの燃費で、最高車速まで変速のない滑らかな加速性能を実現。後輪を駆動するE-Four用モーターの出力を向上し、4WDシステムに初めてVDIM(Vehicle Dynamic Integrated Management)を採用。保管場所-
製作(製造)年2005
製作者(社)トヨタ自動車株式会社
資料の種類量産品
現状-
車名ハリアーハイブリッド
モデル名DAA-MHU38W-AWXGK
会社名トヨタ自動車株式会社
製作開始年2005
設計者トヨタ自動車株式会社
スタイルSUV
ドア数4ドア
乗員5名
車両重量1960kg
車両総重量2235kg
構造衝撃吸収ボディ&高強度キャビンGOA
全長4755mm
全幅1845mm
全高1690mm
ランプ形式ディスチャージヘッドランプ
タイヤサイズ゙235/55R18 (18×7Jアルミホイール)〈プレミアムSパッケージ)
前軸ストラット式コイルスプリング
後軸ストラット式コイルスプリング
軸距2715mm
前トレッドx後トレッド1575mm×1550mm
ステアリングラック&ピニオン(パワーステアリング)
主ブレーキ油圧回生ブレーキ協調式(前ベンチレーテッドディスク、後ディスグ)
走行安定装置VDIM(Vehicle Dynamic Integrated Management)
原動機名3MZ-FE
内径x行程92.0mm×83.0mm
排気量3310㏄
最高出力/回転数211PS/5600rpm
最大トルク/回転数29.4kg・m/4400rpm
過給機EFI(電子制御式燃料噴射装置)
可変システム可変バルブタイミング機構VVT-I
燃料タンク容量65L
ハイブリッドシステム形式パラレルハイブリッドにシリーズハイブリッドを組合せ
電動機定格電圧288V(9.6V×30)
動力用電池形式ニッケル水素電池(2代目プリウスの電池をベースに約30%小型化)
動力用電池個数30個(3分割し、それぞれ冷却ファンを設定し冷却性能を向上)
動力用電池容量6.5 Ah-3hr
機関最高出力/回転数123kW/4500rpm
機関最大トルク/回転数34.0kg・m/0~1500rpm
電動機最高出力/回転数50kW/4610~5120rpm
電動機最大トルク/回転数13.3kg・m/0~610rpm
変速機電子制御式自動無段変速機(CVT)
駆動方式E-Four(電気式4輪駆動方式)
モード燃費17.8km/L(10・15モード)
車両紹介モーターの出力向上、高回転化、モーター駆動電源の高電圧化、モーター回転軸上にプラネタリー式リダクションギヤを組み込みモータートルクを2.478倍に増大。650V駆動でハイパワー化し、後輪を駆動するリヤモータと組合せて走行性能を向上。

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トヨタ ハリアーHVの関連キーワードシステムハウスハイブリッドハイブリッド・マーケティング・システムハイブリッド方式ハイブリッドシステムハイブリッドカーハイブリッドシルクプラグインハイブリッドカーワンハイブリッドシステム

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone