トラバンコール・コーチン(読み)とらばんこーるこーちん(英語表記)Travancore Cochin

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トラバンコール・コーチン
とらばんこーるこーちん
Travancore Cochin

インド南西部、ケララ州南部の地域名。旧州名。アラビア海に面するマラバル海岸に18世紀にできたコーチンとトラバンコールの藩王国が、1949年に統合してトラバンコール・コーチン州となった。しかし1956年に周辺の同一言語(マラヤラム語)使用地域を含めてケララ州に再編成された。面積は2万4000平方キロメートルでケララ州の63%にあたる。[成瀬敏郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android