コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラバンコール・コーチン とらばんこーるこーちんTravancore Cochin

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トラバンコール・コーチン
とらばんこーるこーちん
Travancore Cochin

インド南西部、ケララ州南部の地域名。旧州名。アラビア海に面するマラバル海岸に18世紀にできたコーチンとトラバンコールの藩王国が、1949年に統合してトラバンコール・コーチン州となった。しかし1956年に周辺の同一言語(マラヤラム語)使用地域を含めてケララ州に再編成された。面積は2万4000平方キロメートルでケララ州の63%にあたる。[成瀬敏郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トラバンコール・コーチンの関連キーワードトリバンドラム

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android