トラベラーズ・チェック(英語表記)traveller’s check

世界大百科事典 第2版の解説

海外旅行者による外国での各種の経費支払を便利にするため,銀行が発行する一種の自己あて小切手をいい,海外旅行者は出発前に外国為替銀行で購入する。旅行小切手と訳される。1891年アメリカン・エキスプレス社が発行したのが最初といわれる。国際的に米ドル建てのものが多いが,ドイツマルク建てや円建てのものもあり,それぞれ金額の異なる券種(たとえば100ドル券,10ドル券など)で発行される。旅行小切手面には二つの署名欄があり,旅行者本人が旅行小切手を銀行で購入する際に所定の署名個所に自署し,旅行先の外国で銀行,旅行社あるいはホテルなどのカウンターにおいてこれを現金化するときに,その係員面前でもう一つの署名欄に副署し,この二つの署名照合に基づいて本人が正当の小切手所持人であることが確認される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のトラベラーズ・チェックの言及

【アメリカン・エキスプレス[会社]】より

…早くから国際化と業容拡大をすすめ,大正年間には横浜,神戸に支店を開設していた。また,1882年にマネー・オーダー(郵便為替)を始め,91年には世界で初のトラベラーズ・チェックを発行,さらに1958年には国内でのクレジット・カード(チャージ・カード)を発行するなど,拡大を続けた。この過程で,本業の急便業務は1919年に分離独立した。…

※「トラベラーズ・チェック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android