コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリカブト中毒 トリカブトちゅうどくAconitum napellus poisoning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリカブト中毒
トリカブトちゅうどく
Aconitum napellus poisoning

トリカブトの根や葉には有毒成分のアコニチンが含まれており,これを摂取すると,迷走神経と末梢感覚神経の刺激症状と,延髄麻痺が起る。口唇や舌のしびれ吐き気,嘔吐,四肢麻痺嚥下困難意識障害などの症状が現れ,呼吸麻痺で死亡することもある。治療には,拮抗剤のアトロピンを多量に用いる。漢方薬の附子 (ぶし) には同様の成分が含まれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トリカブト中毒の関連情報